風と雲とバイクと・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 玖珠町の戦車道

<<   作成日時 : 2013/09/16 21:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

玖珠町の役場からのお知らせによると、
本日、27両の戦車が道路を通行するらしい。

お声掛けしたところ、瓜坊主さんとガタローさんと見に行くことになりました。
道の駅「童話の里くす」に8時半に集合。

駐屯地から続くコンクリート舗装の戦車道は、道の駅のすぐ裏を通っていますが、
少し進んで川っぺりの広いところで見ることに。

画像

彼岸花もキレイに咲いています。


戦車が通行する前に安全確認のためか、73式小型トラックがまず走ってきます。
画像

(怪しいのが約3名でしたが 笑)

演習の指揮車でしょうか?
96式装輪装甲車が通過します。
画像


散水車が水を撒いてホコリがたたなようにしています。
画像

(すぐに乾いてホコリまみれでしたが^^;)

独特の排気音を奏でて74式戦車がきました。
画像

田んぼの中から撃写!

履帯はサビサビですがしばらく走ると落ちるようです。
画像

ちなみに「キャタピラ」は米国キャタピラー社の登録商標で、
一般的には「クローラー」「トラック」といいます。日本語は「履帯(りたい)」です。

ゲリラ兵士が狙っていますヨ!!(笑)
画像


こんな感じで通過します。

軽自動車と大きさの比較ができますね。


バイクと比較です。ロードホイールはバイクのタイヤより大きいです。

なるべく邪魔にならなように停めました。(つもりです)
画像


画像


演習は10日ぐらい行われるようで、砲塔後部のバスケットには荷物が満載です。
画像

車体側面には、スタックから脱出するための丸太がくくりつけられています。
移動時には、砲身を後ろにむけてトラベルロックに固定して走行します。
砲身を接触させないためと、車体の重量バランスをとるためだと思います。
(ロシア製の戦車は重量バランスが良く、ロックなしで移動可能だとか)


戦車はやっぱりモノクロでしょ!!
画像


画像

日本じゃないみたいです^^

路肩に変わった「落し物」がありました^^;
画像

おそらく履帯内側のロードホールと接するゴムの部分でしょう。
意外とやわらかい素材でした。

トラップを仕掛けるゲリラ兵士(笑)
画像


彼岸花と戦車。
画像


画像





コーナーは迫力がありますね!

のどかな風景の中を走っていきます。
画像


画像


道路脇には桜がありますので春に来たらきれいでしょうね。
画像


フェンダーの追加など、細かく改良が施されています。
画像


最後尾には78式戦車回収車がいます。
戦車用のレッカー車です。
画像

万一、故障の場合はこれ以外にけん引できる車両がありません。



すべての車両が通過した後にはロードスイーパーが清掃していました。ご苦労様です。
画像


そんなこんなで900時ごろから27両がすべて通過するまで約1時間と20分楽しめましたよ!!
意外とギャラリーも少なく(いなく)ゆっくり見れました。
次は桜の頃に見に来たいですね。

さあ、時間はまだ1030時過ぎ!
濃い1日は、まだまだつづく〜^^/~

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
迷彩柄に萌え(=^_^=)♪
模型製作の参考で立ち寄り観覧させていただきました
(^.^)
〜NORINKO〜
2013/09/16 23:34
お陰さまで今回も楽しい一日でしたd(^^
任務遂行御苦労さまでした〜^0^ゞ
あとはコレをコピペすれば二等兵ガタローの宿題もスムーズに終了 v^^
中学生の頃の夏休みの宿題から何も進歩してない...^^;
ガタロー
2013/09/17 07:16
〜NORINKO〜さん
お役にたちましたか?機会があればまたどうぞ。
romeosierra
2013/09/17 18:44
ガタローさん
こちらこそ、終日楽しかったですよ〜^^
写しでもパクリでもなんでもして〜(笑)
という私もウル覚えな部分は調べて書くようにしています^^;
今度は桜の時期にでも行きましょう。
romeosierra
2013/09/17 19:13
戦車を見るなんてきたくが住んでいる地域ではありえません(@@;
戦争は悲惨でそれに伴う車輌、装備なども抵抗がありますが、自衛隊って日本を守っているんですよね! 偏見をせず感謝しないといけないんですね(^^)

しかし、戦車がはしっているところを見られるってのがすごいの一言!
きたく
2013/09/18 19:24
きたくさん
戦車の敵は戦車。いかに敵戦車を撃破するか?に基づいて造られた道具ですが、
操る彼らは、きっと出番がないことを日々思っていると思います。
でも、いざって時は闘わなければならないのですから、
そのための訓練なのです。
僕らは逃げてもいいですが彼らはそういうわけにはいかないのです。

ここは駐屯地が近いのでこのような光景が見られるのですが、
お近くの今津駐屯地には戦車がいますよ。
毎年、記念行事等でイベントがあると思いますので、
一度見にいってみるといいですよ。
彼らも隊員である以前に人間ですから。
romeosierra
2013/09/18 20:34
とっても遅くなりましたがその節はお疲れ様でした。
彼岸花をボケに利用した写真がナイスです。
ロメさんの解説つきだったから初心者でも充分楽しめました。
自分のはまだあげてませんがこの記事を参考に・・・^^;
瓜坊主
2013/09/21 20:52
瓜坊主さん
こちらこそお疲れ様でした〜^^
お褒めいただきありがとうございます!
意味不明な解説役に立ちましたか(笑)
こんな記事でよければどうぞご利用ください〜。

あっ、ちなみに74式戦車はセミオートマチックです。
発進と停車の時だけクラッチを使います。
F1とほぼ同じですね。
romeosierra
2013/09/21 21:30
昔住んでいた所の近くに駐屯地があり駐屯地祭の時にだけ戦車が駐屯地に来ましたが
夜中に搬入していたので親に頼み込んで見に行った思い出があります。
そのとき自衛隊員の人が道路を痛めないようにゴムの履帯をつけていますと夜中なのに
説明していました。まぁ見物人もほとんどいなく駐屯地前の道路で61式を下ろしていた
のんびりした良い時代でした。
ぽこんた
2013/09/22 21:01
ぽこんたさん
戦車のいない駐屯地は毎回そうやって搬入しているんですね。
戦闘機は簡単に飛来できますが戦車はなかなかそうはいきませんね。

61式戦車は第1世代としては劣勢でしたが、10式の技術まで来るための
大切な1歩になった戦車でした。
romeosierra
2013/09/23 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
玖珠町の戦車道 風と雲とバイクと・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる