風と雲とバイクと・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦車のあとは

<<   作成日時 : 2013/09/18 19:50   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

戦車の通過した後、まだ時間は1030時頃。
この後は特に何も決めていなかったので、
川原隧道と大石隧道に行ってみませんか?ってことにしました。

江戸時代に作られたトンネルです。
画像


中は馬が離合できるように??広くなっています。
画像


隧道から戻ってバイクを停めた場所のお店でランチタイム。
画像

シャモの炭火焼き定食を食らいました。

その後は、つらつら走って大石隧道へ。
画像


トンネルというか、ただのデカい穴です。
画像

時折崩落しており、今、大地震が起きたら確実に生き埋めでしょう。

比較してみると大きさがよくわかりますね。
画像

これでも半分ぐらいは埋まっているようです。
トンネル工事を途中でやめたのか?詳細は不明です。

その後、来た道を途中まで引き換えし、宝珠山方面へ広くなったり狭くなったりする道を疾走〜。
標識を頼りにどんどん走って行ったけど、だいたい地図どおり??

日田英彦山線のめがね橋を見て〜
画像

(汽車が来るのは40分後でしたが^^;)

棚田を見て〜
画像

山を越え〜

瓜坊主さんに案内されたのは砂防ダム。
画像

ここは紫陽花がきれいなんだそうです。
何やらダムの手前にはトーチカのようなものが。

上から見るとこんな風になっています。
画像


なんと、魚が川を上るためのループ橋でした。
画像

ということは、川を上ってくる魚がいるということですね。
自分の何百倍もある高さを少しずつ登って行くのですね。

画像

当たりには蝶やトンボがたくさんいました。

最後にデッカイ男魂岩へ行き〜
画像

道の駅「おおとう」でシジミソフトを食べて解散となりました。
写真はなんですが、ソフトに乾燥シジミがまぶしてあり、
シジミをかむと塩味が広がる、甘いんだかしょっぱいんだかよくわからないソフトでした(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
計画表通りのツーよりもこんなユルイのが良いですね d(^^
何度か通っている道も脳内メモリーに場所を保存する作業が難しいです^^;
良い一日でした^^
また行きましょう!^^
ガタロー
2013/09/19 05:20
ガタローさん
いきあたりばったりも楽しいですね〜。
K107は初めて通りましたが〜ほとんど「なんとなくこっち?」みたいな感じでした(笑)
こちらこそまた遊んでくださ〜い^^v
romeosierra
2013/09/19 18:14
まさに好きでないと行けない様な行かない様な
使われなくなり忘れ去られた遺構も結構残っているものなんですね
あっさん
2013/09/20 17:40
あっさん
何かに目覚めないと行かないですね〜^^;
でも誰かに誘われたら、意外とついて行っちゃうかもしれませんよ。
お近くにも探せば、面白スポットあると思います^^b
romeosierra
2013/09/20 19:05
京都に残っているものとは違いますが、先人の苦労したの上で出来た構造物って見応えありますね! 
男魂岩ですか!立派ですね(笑) 不純な気持ちもありますが、子孫繁栄の願いを込めた当時の神聖なものですね(^^)

時間があればそちらに行きたい気持ちですが、なにせ休ませてくれない会社なもので(ーー;
きたく
2013/09/20 19:24
きたくさん
そちらにも隧道がありますか!今度探検してください^^b
今みたいに娯楽がなかったでしょうから、これだけ打ちこめたのでしょうかね。
男魂岩みたいなスポットはあちこちありますね。

僕もなかなか赤い日以外は休めないですよ^^;
ず〜っとひとりチームでしょうから(笑)
romeosierra
2013/09/21 11:49
romeosierraさん、こんにちは。
大石隧道、すごいですね。工事が中断?した状態で残っているのは珍しいと思います。それと魚が上るループ橋も驚きました。川の堰の側面に沿って魚が遡上できるように作ったものがありますが、こんなものがあるんですね〜いやぁ〜ホントに驚きました。
トラッキー
2013/09/21 12:41
トラッキーさん
ぽっかり口を開けた大石隧道〜なんとも珍光景です。
なぜここまで掘って放棄されてしまったのか?謎ですが^^;

魚のループは連れて行ってもらったのですが、
ここまで作るのか?という魚に対する気持ちが伺えます。
romeosierra
2013/09/21 14:36
実は戦車のあとの予定を考えてませんでした。
でもまさかこんなヨイ物件を回ることになろうとはつゆ知らず。
興味あるジャンルが似てますね(笑)
瓜坊主
2013/09/21 20:56
瓜坊主さん
僕も最初は何にも考えてませんでした(笑)
そういえば、近くにあったな〜と思いましたので。
大石隧道を超える隧道はないと思いますヨ。
似たものどうし、今後もよろしくです^^
romeosierra
2013/09/21 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦車のあとは 風と雲とバイクと・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる